銀行の住宅ローンと火災保険

住宅ローンを利用するときの銀行選び 住宅ローンは銀行によって異なっていると言えるでしょう。住宅ローンは銀行によって異なっていると言えるでしょう。住宅ローンを借りるときには火災保険に加入しなければならない場合が多いのです。火災保険に加入する事が必要になる事も多いと考えられるのです。万が一のときのことを考えれば、火災保険への加入というのは非常に優れた事であると言えるでしょう。なぜ銀行は火災保険への加入を義務付けているのかというと、万が一の時には返済ができなくなる可能性があるからなのです。住宅ローンを返済しているときに、万が一火災などで住宅がなくなってしまった場合には、住む場所もなくなり、返済が苦しくなるという事も考えられるでしょう。そのときのために火災保険に加入しておく事が必要とされるのです。
この火災保険にも色々なものがあります。この火災保険は大きく分けて2種類あります。保険金が時価で支払われるものと再調達価格で支払われるものです。保険金が時価で支払われる場合には、建築のコストから経年劣化を差し引いて支払われます。ですから、実際に建築するためには保険金だけでは足りない場合もあるのです。再調達価格とは、その時点で住宅を建築するときに必要な資金を保険金として受け取る事のできるものです。ですから、時価評価よりも再調達評価のほうが優れていると言えるでしょう。また、最近では火災保険とともに地震保険に加入する人も増えてきているようです。

関連キーワード



Copyright(c) 2022 住宅ローンを利用するときの銀行選び All Rights Reserved.